借金返済には任意売却と競売どちらがおすすめ?

借金の返済方法には色々な物があります。
住宅ローンが支払えないときに債務者の申し立てによって、不動産を差し押さえ売主が価格を設定せずに売りに出して、購入したい人が希望価格を申し出て最高価格を申し出た人に売却するのが競売になります。
任意売却は、金融機関の合意を得て不動産を売却する方法です。
競売との違いは市場相場と同じ価格で売却することができることが挙げられます。
また、手数料を売却額から出せるなどのメリットもあります。

借金返済で困った時に必読!任意売却と競売の違いについて判りやすく解説

借金返済で困った時に必読!任意売却と競売の違いについて判りやすく解説 借金返済の方法は様々な物がありますが、家を売って返済するという方法もあります。
売った代金を返済に充てる方法としては、「競売」と「任意売却」の2種類があります。
競売とは、住宅ローンなどが支払えないときに不動産を差し押さえて債務者の申し立てによって地方裁判所が競売を行います。
売主が価格を設定せず不動産を売り出して、購入したい人が希望価格を申し出て最高価格を申し出た人に売却して、その利益で返済をします。
任意売却とは、返済できない場合に金融機関の合意を得て売却する方法です。
競売との違いは、売主が任意で売るという点です。
市場相場と同じ価格で売却することができ、手数料を売却額から出せるなどのメリットがあります。

不動産を手放すときに任意売却と競売の上手な選び方

不動産を手放すときに任意売却と競売の上手な選び方 マイホームを持つのは多くの人にとって夢ですが、住宅ローンを組んで購入するケースが多いです。
住宅は数千万円レベルの高額な商品になりますから、一括で支払いを済ませられる人は少ないと考えられます。
住宅ローンを組んだ最初の頃はしっかりとローンを支払えていたとしても、仕事が上手くいかなくなるなどの問題が発生すると、ローンの支払いが滞ってしまうことがあります。
ローンが支払えないと不動産を所有し続けるのが難しくなりますから、基本的には売却を検討しないといけないです。
不動産を売却するときに任意売却か競売の何方かを選ぶことになりますが、上手な選び方を事前に把握しておくのが大切になります。
この2つの方法には大きな違いがあり、任意売却のほうが債務者の判断で取引をおこなうことができますから、任意売却のほうを選んだほうが高値で不動産を売却できる可能性が高いです。
任意売却で買手を見つけられなかったときは、競売で不動産を売却することになりますが、裁判所が介入する形になるので債務者の融通が利かない状態で取引が成立してしまいます。
不動産の上手な売却方法の選び方としては最初に任意売却でチャレンジをしてみて無理だったときに、競売に移るようにしたほうが損をしないで済む筈です。

競売の入札日前なら任意売却への切り替えが可能

住宅ローンの返済が滞った状態を放置していると、債権者が裁判所に申し立てて競売を実施し、その住宅を強制的に処分されてしまいます。このような事態を避けるには、もちろん滞納分を速やかに弁済するのが最善の方法ですが、それが難しい場合には任意売却という選択肢があります。
任意売却とは、債権者の承諾を得てローンの返済が困難になった住宅を市中で売ることをいいます。持ち家を失うことに変わりはないものの、強制的に処分されるのと違って明け渡しのスケジュールにある程度融通が利くうえ、市価に近い価格で売却できるため債権者側にもメリットがあります。
すでに債権者が競売の申し立てを行った後でも、任意売却は可能です。申し立て後は裁判所の決定に基づいて官報にその旨が掲載され、一般競争入札の形で売却が行われますが、落札代金が支払われるまでは任意売却へ切り替えることができます。
ただしその場合は落札者の同意が必須となるため、一般的には落札者が決まる前、すなわち入札日の前までに債権者に申し立てを取り下げてもらうこととなります。

住宅ローン延滞では競売を回避するため任意売却が選ばれる

任意売却とは、金融機関からの借入がある場合に返済計画通りに支払をできなくなった状況下で、売却により返済原資を捻出しながら金融機関との間で残債務につき交渉を妥結するというものです。
この取引で特徴的なのは、通常の不動産売買と金融機関との交渉という二本立ての手続きを同時進行で進捗させていく点にあります。
ローンといえば消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどもおなじみですが、任意売却の利用が選択しになるのは住宅ローンを延滞したというシチュエーションがほとんどです。
ローンの支払が延滞した場合に、そのまま何もしないで放置すると差し押さえがされて、最終的には裁判所主催の競売手続きのなかで最高価格申し出人が代金を納付することで所有権が移転することになります。
買受人は裁判所から引き渡し命令をだしてもらうことで、強制的に立ち退かせることも可能です。任意売却では競売よりも高い価格でおちつくことが多く、柔軟な対応ができるので利用事例が多くなっているわけです。

任意売却も競売も専門家が関与しないと想定外の事態になる

任意売却では通常の不動産売買取引の交渉と、金融機関との間で住宅ローンの残債務についての返済方法などについて交渉することの二本立ての手続きを進捗させる必要があります。
普通はすでに住宅ローンの支払が延滞している状況になっているので、競売手続きが完結しないように合理的に立ち回ることが関係当事者には要請されます。
それというのも裁判所のせり売りで開始決定許可が出てしまうと、取り下げには債権者の同意が必要になり任意売却を進捗させることが困難になるからです。さらに進んで買受人が落札価格で代金を納付してしまえば、もはやまったく手を出せなくなってしまいます。
このように任意売却では常に競売が先に進捗してしまうことのリスクを意識しながら、進捗させなければなりません。
とりわけ金融機関との間で住宅ローンの残債務の交渉では、時には任意整理を行うことも想定されます。したがって弁護士などの専門家の関与が必要になるわけです。

任意売却と競売では費用面でどのような違いがある

任意売却とは裁判所主催のせり売りを経由することなく、通常の売主と買主との売買で残債務返済原資を捻出し、同時に金融機関との間で住宅ローンの最終処理スキームで合意することです。
住宅ローン支払が延滞しているなどのシチュエーションでは、任意売却と裁判所の競売手続きでは共通の地盤に立っているといえます。
最近では前者の方法で解決を模索する向きが増加しているのは、裁判所の関与がない通常の売買を選択することで相場に近い価格で処分できるというメリットが意識されているようです。
それでは見方をかえて、費用面で両者を比較すればどのような実情がみえてくるのでしょうか。この点任意売却では、不動産会社が媒介するのが一般的なので、売買契約が締結されれば基本的に仲介手数料報酬が発生します。
金額の相場は売買価格の3%+6万円ということになります。これに対して裁判所主催の競売では、仲介手数料は発生しないので費用面でのメリットと言えそうです。

任意売却に失敗して競売になってしまうケースとは

基本的に任意売却は競売手続きで完結させることを回避することも、当事者は行動選択する動機になっています。それというのも裁判所が関与するよりも、通常の購入希望者との間で売買契約を締結するほうが相場に近い価格で、取引することができるからです。
それにもかかわらず任意売却ができなくなってしまうというケースは存在します。それではどのような点がネックになり、裁判所の競売続きを選択するほかなくなるのでしょうか。
裁判所では申し立てをうけると、差し押さえに入り登記上第三者に警告をあたえて事実上取引を停止させてから、物件調査を行います。その結果がいわゆる三転セットとして公開され、買受希望者の閲覧に供されます。
手続きが進んで開始許可決定がでると、取り下げには他の債権者の同意が必要になるわけです。
この段階で同意を得られなければ、これをとめることはできません。さらに進んで最高価格申し出人に許可決定が出てしまうと、もはや任意売却の余地はなくなります。

任意売却協会の情報を集めよう

任意売却協会

新着情報

◎2022/12/21

情報を更新しました。
>競売の入札日前なら任意売却への切り替えが可能
>住宅ローン延滞では競売を回避するため任意売却が選ばれる
>任意売却も競売も専門家が関与しないと想定外の事態になる
>任意売却と競売では費用面でどのような違いがある
>任意売却に失敗して競売になってしまうケースとは

◎2021/11/16

任意売却と競売のどちら?
の情報を更新しました。

◎2021/9/17

それぞれのデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/7/30

サイト公開しました