借金返済には任意売却と競売どちらがおすすめ?

そもそも任意売却と競売って?基本をわかりやすく説明!

そもそも任意売却と競売って?基本をわかりやすく説明! 任意売却と競売はどちらも住宅を手放す際の手段ですが、基本的な部分から異なります。
まず任意売却というものは任意という文字が入っていることからもわかるように、所有者の意思を持って売却できるのが特徴です。
住宅ローンを組んでいて期限が来て、一括返済ができない場合に選ばれる方法です。
それに対して返済ができない時に所有者の意思が反映されないのが競売で、法的な手続きによって強制的に売却され、その分が返済へと充てられます。
入札に参加した中で提示された最高額で売買されるため、大抵の場合は売却額が安くなりがちです。
けれど任意売却の場合は売却時に適正な額が付きやすい上に、色々な控除が受けられたり、方法次第では済み続けることもできたりといったメリットがあります。
ただその分手続きが複雑になりやすいという弱点があります。
この2通りの方法はどちらかが完全に優れているということはないため、最適な方を選択することが大切です。

住宅を売る場合における任意売却と競売の最大の違いとは

住宅を売る場合における任意売却と競売の最大の違いとは 任意売却と競売はともに住宅を手放すことで返済が滞ってしまった住宅ローンを精算する方法ですが、いくつかの相違点があります。
中でも最大の違いは、後者については買い手を選べないという点です。
通常、競売は債権者側の申し立てに基づいて裁判所が手順を定め、一般競争入札の形で買い手を決定します。
そのため、住宅所有者は誰が買い手になるかをあらかじめ知ることはできませんし、当然ながら入札価格をコントロールすることもできません。
これに対して、任意売却ではその名の通り任意の方法で住宅を売却します。
通常は、専門的なノウハウを持つ不動産仲介業者に依頼して買い手を探すこととなりますが、たとえば複数の候補者が現れた時は売り手側が選ぶことが可能ですし、債権者の同意が得られれば価格交渉の余地もあります。
また、任意売却の場合は買い手にあらかじめ条件をつけることも可能です。
一例としては、売却後は元の所有者が賃借の形で住み続けることを許してくれる相手に買ってもらうというようなケースがあります。

新着情報

◎2022/12/21

情報を更新しました。
>競売の入札日前なら任意売却への切り替えが可能
>住宅ローン延滞では競売を回避するため任意売却が選ばれる
>任意売却も競売も専門家が関与しないと想定外の事態になる
>任意売却と競売では費用面でどのような違いがある
>任意売却に失敗して競売になってしまうケースとは

◎2021/11/16

任意売却と競売のどちら?
の情報を更新しました。

◎2021/9/17

それぞれのデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/7/30

サイト公開しました