借金返済には任意売却と競売どちらがおすすめ?

任意売却と競売の手続きの流れとは

任意売却と競売の手続きの流れとは 任意売却は債権者の承諾を得て抵当権を解除した上で不動産を売却する方法で、競売は裁判所を通して行う法的な手続きです。
不動産を任意売却しても借入金の全額を返済することはできず債務が残りますが、基本的には普通の不動産売却と同じ手続きが行われます。
任意とは債務者の意思で売却することを指しており、競売は債権者が債務者や連帯保証人の所有する不動産の売却を裁判所に申し立てます。
裁判所で強制的に処分する方法の正式名称は一般競争入札であり、債権者の申し立てが認められれば債務者の意思に関わらず裁判所によって実行されます。
任意に不動産を売却する場合には、債務者の意思によるので明け渡しの時期などの条件を自ら決定できます。
債権者と協議が行われ、処分後の返済方法や返済額の希望などが比較的簡単に認めてもらえます。
裁判所を通して不動産が処分される場合には、費用や遅延損害金が上乗せされるので債務が増加してしまいます。
任意売却ならな購入者は内覧を行い十分検討した上で購入を決めるので、法的な方法で処分するよりも金額が高くなる可能性があります。

任意売却には競売と比較してどんなメリットがある?

任意売却には競売と比較してどんなメリットがある? 住宅ローンの支払いが出来なくなった時に利用したいのが任意売却で、金融機関など債権者の同意を得て住宅を売却する方法です。
裁判所が強制的に進める競売の手続きとは違い、自分で手続きを行います。
強制的に立ち退きを迫られるようなこともありません。
また、任意売却をする方が、競売よりも大分高い値段で売却できるというメリットがあります。
売却しても完済できなかった場合には残りの分を支払わなければなりませんが、一括して返済することを求められます。
しかし、任意売却をする場合には、金融機関など債権者との交渉次第では分割して返済することができます。
手続き自体は一般的な不動産の売却とほとんど変わりませんし、売却の条件などにも自分の意志を反映させることができます。
購入希望者と価格交渉を行うこともできますし、査定された金額より下げても早くうることを優先するなど融通をきかせられます。
それから周囲に任意売却だと知られる心配もありません。

新着情報

◎2022/12/21

情報を更新しました。
>競売の入札日前なら任意売却への切り替えが可能
>住宅ローン延滞では競売を回避するため任意売却が選ばれる
>任意売却も競売も専門家が関与しないと想定外の事態になる
>任意売却と競売では費用面でどのような違いがある
>任意売却に失敗して競売になってしまうケースとは

◎2021/11/16

任意売却と競売のどちら?
の情報を更新しました。

◎2021/9/17

それぞれのデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/7/30

サイト公開しました